週刊ベースボールONLINE

新時代の二塁手特集

名手たちの言葉 レジェンドたちは、かく語る。

 

二塁手特集のラストは、歴代のセカンドの名手たちを印象的な言葉とともに紹介しよう。

「だいたい分かるものね。どの方向へボールが来るのか」


苅田久徳[東京セネタースほか]


「どこに打っても苅田がいる」と言われた。もともとはショートだったが、1936年東京セネタース入団時セカンドに回り、当時、「球を止めるだけでいい」と軽く見られていたセカンド守備を芸術の域に高めた。打者によって守備位置を変えたり、ショートと呼吸を合わせての併殺プレーは苅田が元祖と言っていいだろう。空タッチをユニフォームを擦った音でごまかすなど、トリッキーなプレーも見せ、「プロには・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング