週刊ベースボールONLINE

2018松坂世代特集 インタビュー

楽天・久保裕也を支えるポジティブ・シンキング 3度の戦力外、育成降格、手術を乗り越えた先にあるもの。

 

2015年オフに巨人から、16年オフにはDeNAから戦力外通告を受けた。入団テスト合格の楽天では17年に1040日ぶりの復活勝利を挙げるも、右手の血行障害を発症し、同オフに3度目の戦力外通告を受けた。11月に手術を受け、育成選手として迎えた18年シーズン。5月5日に支配下登録されると、その日に復帰登板を果たした。まさに波乱万丈な野球人生を送っているが、本人の顔に悲壮感はない。松坂世代で「最後の1人」を目指す右腕に、その理由を明かしてもらった。
取材・構成=阿部ちはる 写真=井沢雄一郎、BBM


松坂世代という意識はほとんどなかった


 松坂大輔の復活により、再び脚光を浴びることとなった松坂世代。久保裕也もまた、その1人だ。だが、あの甲子園を同年代としていわば「外」から見ていたから、その言葉は身近なものにはならなかった。

――松坂世代特集ということで、久保選手にもインタビューをさせていただくことになりました。

久保 いつか(取材が)来るだろうなと思っていました(笑)。

――やはり松坂投手の活躍は刺激になりますか。

久保 もちろんなりますよ。ただ、松坂世代というところに正直、それほど関心は持っていないですね。僕の中では甲子園を沸かせたメンバーが松坂世代だと思っているので。ただ、野球界では松坂世代というくくりでずっと来ているから、違和感もないんですけどね。

――松坂投手の活躍を見ることはあるのでしょうか。

久保 見ていますよ。基本的に家に帰ったらチーム関係なく、野球中継をずっと見ているんです。イニング間にほかのチームの試合を見たりね。昔はあまり見るのは好きじゃなかったんですけど・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング