週刊ベースボールONLINE

2018グラブ特集

オリックス・小谷野栄一内野手 小指2本設計と2ポケットで打球の強弱に対応可能

 

磨き抜かれた高い技術でファンを魅了する選ばれしプロフェショナルたち。道具にも人一倍のこだわりを持ち、あくなき探究心にも終わりはない。ここでは各ポジションの守備の巧者たちにグラブへの想いを語ってもらった。
取材・構成=鶴田成秀 写真=佐藤真一

三塁手/GLOVE_ゼット


 キャリアを重ねていく中で、グラブの選択も試行錯誤を繰り返してきました。中でも一番変化したのは大きさ。内野手としては大きめのサイズで、ベースは外野手用。外野用よりやや小さいですけど、今はこの大きさがベストだと思っています。サードは速い打球が多く、三塁線を抜かれると長打になるので、グラブが大きいことに越したことはないんですよね。


 だからといって大きければ良いわけではありません。もちろん、しっかり捕球する必要があります。ただ、僕の中ではボールを・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング