週刊ベースボールONLINE

シーズンの今後を占う!12球団戦力検証

西武・強打を誇る攻撃陣は盤石。救援陣に不安要素が……/12球団戦力検証

 

ここでは12球団それぞれの前半戦の戦いと、現在地を徹底分析していこう。中盤戦の戦いへ向けて、リーグ内のライバルたちから抜きん出るための準備を整えたチームはどこだ!?
※記録は6月24日時点。総合判定、攻撃力と守備力の判定はA〜Eの5段階でチームごとの絶対評価

強力打線がチームを活気づける


中村が復活すればさらに強力に


 12球団屈指の得点力を誇る強力打線だが、開幕からほぼ固定したメンバーで戦えていることが大きい。一番・秋山翔吾、二番・源田壮亮、三番・浅村栄斗、四番・山川穂高までは不動。初回から出塁率の高い秋山が出て、源田が足も絡めつつ好機を広げ、浅村、山川が時には一発も交えながら走者をかえす。西武のおなじみの攻撃パターンだ。五番以降は相手投手との相性や個々の状態によって流動的ではあるが森友哉外崎修汰栗山巧、メヒア、炭谷銀仁朗金子侑司ら多士済々。長距離打者、バットコントロールが巧みな好打者、俊足自慢。いずれが来ても、相手バッテリーにはやっかいな面々だ。

 打線全体で見ると・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング