週刊ベースボールONLINE

シーズンの今後を占う!12球団戦力検証

オリックス・主軸のエンジンかからずも“総合力”で上位に食らいつく/12球団戦力検証

 

ここでは12球団それぞれの前半戦の戦いと、現在地を徹底分析していこう。中盤戦の戦いへ向けて、リーグ内のライバルたちから抜きん出るための準備を整えたチームはどこだ!?
※記録は6月24日時点。総合判定、攻撃力と守備力の判定はA〜Eの5段階でチームごとの絶対評価

若手の奮起など、チーム力向上を示している


日替わり打線が奏功。あとは主軸の奮起


 ロメロ、マレーロの両助っ人に加え、T-岡田小谷野栄一らの調子が上向かず、得点を奪えず敗れた試合も少なくない。開幕直後は好投する先発投手を援護できず、投打がかみ合わない中で、ベンチは試行錯誤。打線は日ごとに変わり続けた。顕著なのが一、二番だ。打撃状態の良さに加え、相手先発の左右に応じて西野真弘安達了一大城滉二福田周平山足達也小田裕也ら巧打者が日替わりで一、二番に。彼らの奮起もあり、得点機を演出すると、交流戦は1試合平均4.3得点と打線が徐々に機能(交流戦前は平均3.6得点)。同時にチーム内競争も激しさを増し・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング