週刊ベースボールONLINE

シーズンの今後を占う!12球団戦力検証

Vを手繰り寄せる12球団のキーマンたち セ・リーグ編

 

交流戦も幕を閉じ、いよいよ同一リーグでの戦いがスタート。セ・パともに空前の大混戦の様相を呈してきており、覇権争いは予断を許さない。ここでは、各チームの命運を握る12人のキーマンをクローズアップ。この男たちの活躍なくしてVはない。
※文中の成績は6月25日時点

巨人・鍬原拓也 真価が問われるドライチ。求められる先発の責任


先発ローテの6番手


 お試し期間は、これにて終了。鍬原拓也の真価が問われている。5月31日の日本ハム戦(東京ドーム)でデビューを果たし、交流戦期間中の3試合で先発ローテーションに組み込まれたドライチ右腕。6月14日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)で待望のプロ初勝利を挙げたが、2被弾4失点。3試合合計では1勝1敗11失点、防御率5.09、平均投球回は6回に満たず、安定感には欠ける。最速150キロの力のあるストレートを武器に、鋭く沈むシンカーも交えて奪三振率11.72はチームNo.1と魅力は十分なだけに、どれだけ多くの試合で先発の責任を果たせるか。先発事情は安泰ではないだけに、“試用期間”を終えた右腕の・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング