週刊ベースボールONLINE

進化する四番打者

チームの命運を握る男たち 四番打者診断 セ・リーグ編

 

打線の要であり、優勝するためにはこの男たちの活躍は不可欠。ここではセ・リーグの四番打者の能力を徹底比較。最強の主砲は誰だ!? 巨人岡本和真→こちら
※能力CHECKは編集部によるS〜Dの5段階評価。掲載したデータはKYODO NEWS DIGITALによるもので、成績は6月30日現在

DeNA・筒香嘉智 スタジアムの雰囲気を変え、勝負を決める「入魂のひと振り」


筒香嘉智 四番起用回数32回[67試合中]


 まさに「四番の仕事」「四番のひと振り」と呼ぶにふさわしい特大アーチだった。6月30日の広島戦(横浜)、1点を追う6回、一死二塁で打席に立つと、広島・野村祐輔の高めの直球を完璧にとらえた打球は、真っ青な空に吸い込まれるように飛ぶ逆転2ラン。この主砲の一発が試合を決めた。

 開幕からなかなか調子の上がらない大砲への起爆剤として、5月15日の阪神戦(甲子園)からラミレス監督はJ.ロペスに代わり筒香嘉智を四番に起用。春季キャンプから新フォームを試すなど、新しいチャレンジをしてきたが、試行錯誤する過程で徐々に昨季までの打撃フォームに近づいていった。そして・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング