週刊ベースボールONLINE

2018外国人特集 スペシャルインタビュー

ロッテ・ボルシンガー インタビュー 新たなモチベーション 「父親としての初めての登板で、特別な1勝になった」

 

昨季、屈辱の最下位に沈んだロッテが、Aクラス入りをうかがう戦いを見せている。その中心にいるのは今季から加わった助っ人右腕。日本で息子が誕生し、愛する家族のために後半戦もゴロの山を築いていくはずだ。
取材・構成=杉浦多夢 通訳=矢嶋隆文(千葉ロッテマリーンズ) 写真=川口洋邦(インタビュー)、BBM


人生で最高の瞬間


 快進撃が止まらない。前半戦だけで5月4日の日本ハム戦(札幌ドーム)から10試合連続勝利を含むリーグトップの11勝(1敗)をマーク。6月度の投手部門の月間MVPも手にするなど、前半戦を貯金2で折り返したチームにとって躍進の原動力となった。その中でも、6月30日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)で挙げた10個目の勝利は、ボルシンガー自身にとっても特別な1勝になったようだ。

 日本に来て1年目だけど、ここまでは本当に楽しく、いいチームで力を発揮することができている。毎試合、ルーティンと準備を怠らずにやっていることが、今の結果につながっていると思う。

 オープン戦の最後の登板では打ち込まれてしまったけど(3月24日の中日戦、ナゴヤドーム、4回8失点)、僕が毎年のようにスロースターターであることは確かだね。あの試合は徐々にペースを上げていく段階で、ちょっと結果が思わしくなかった。慣れないマウンドのせいだとかボールのせいだとかいうのではなく、自分自身まだしっくりこない部分があったし、もうちょっと落ち着いて投げることができればよかったのかな、と思う。それでも・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング