週刊ベースボールONLINE

2018外国人特集

日本で躍動しメジャーでより輝いた男たち【引退選手&名監督編】

 

日本で活躍した後、メジャーに復帰する助っ人の中には、飛躍的な活躍をする選手たちがいる。こちらで紹介したマイコラスもその一人。ここでは、そういう選手たちを紹介。中には名将と言われる助っ人たちもいるのだ。
写真=Getty Images

【引退選手編】

フィルダー内野手 ケガで退団、即ア・リーグ2冠へ


セシル・フィルダー阪神●1989年在籍→タイガース90ほか98年引退


■NPB通算成績 106試合116安38本81点、打率.302
■MLB通算成績 1470試合1313安319本1008点、打率.255


 MLB・タイガースでは代打要員だったが、28歳という若さで阪神と契約し試合に出続けることで成長を見せた。9月に三振に倒れたことで憤慨し、バットを叩きつけた際、手に当り骨折、帰国。阪神は5年契約を提示するが、タイガースと契約を交わした。そして90年にメジャー13年ぶりの50本塁打以上を放ち、打点王にも輝き2冠。翌91年も2冠、93年は打点王とスター選手に駆け上がった。まさに日本で育ったメジャーのスター・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング