週刊ベースボールONLINE

外国人選手たちの現在地 引退選手編

現役コーチとして奮闘する男 スコット・クールボー内野手(元阪神=1995、96年途中)

 

助っ人として来日し、メジャーの監督やコーチとして各球団に在籍する元外国人選手も多い。今回は多くの指導者の中からオリオールズの打撃コーチとして活躍中の元阪神スコット・クールボーを紹介する。
取材=樋口浩一 写真=BBM、樋口浩一

【現在地】 オリオールズ 打撃コーチ

オマリーの後釜として期待され入団したクールボーだがケガで出遅れてしまった。しかし、その年はチーム最多打点を挙げた


阪神で考え方の相違がコーチに役立っている


 1995年、グレン・デービスとともに阪神に入団した。前年まで4年連続で打率3割を打ってきたトーマス・オマリーの後釜として期待され、開幕から三番を任されたが、シーズン前半の成績はいまひとつ。夏以降調子を上げ、チーム最多タイの77打点をマークした。この年の阪神は前年の4位から最下位に転落。7月には中村勝広監督が休養し、藤田平監督代行が指揮を執った。2年目の96年はさらなる飛躍が望まれたが序盤から低迷。6月に解雇となった。

 甲子園の雰囲気はすごかったね。球場のクラシックな作りと、観客の熱烈な応援でよくシカゴのリグレー・フィールドにたとえられるけれど、まったくそのとおりだ。そのうえ、甲子園は由緒ある高校野球の舞台だっただろう? 人気も歴史もある素晴らしい本拠地でプレーできたことに感謝したいし、阪神タイガースの一員だったことを誇りに思っている。

 日本の野球は本当にレベルが高かった。私が日本一の投手だと思ったのは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング