週刊ベースボールONLINE

スペシャルインタビュー

楽天・岸孝之インタビュー 真っすぐを生かす、真っすぐに似せた変化球

 

精度の高い変化球は、球界屈指の呼び声が高い。決して球種が多いわけではないが、それぞれを自在に操れるまで高めてきた。独特な感性を持つ岸孝之が、3球種の握りを特別公開。右腕が展開する「変化球ワールド」に触れてみたい。
取材・構成=阿部ちはる 写真=桜井ひとし、井沢雄一郎(インタビュー)、BBM


【PROLOGUE】全球種で幻惑する投球


 緩急を駆使し打者を翻ろうする楽天の岸孝之は、7月22日現在、リーグ2位の防御率を誇る(2.23)。そして奪三振数は則本昂大に次ぐ2位(111)。特にカーブ、チェンジアップでの三振率が高い。これはストレートとのコンビネーションによって緩急をうまく使えているからこそである。そこで今回は、全球種の握りを紹介しながら打者を惑わす岸の変化球を徹底解剖していく。

 現在持っている球種はストレートのほかにカーブ、スライダー、チェンジアップだ。変化球を練習する際、「ストレートと同じ腕の振りで、としか思ってない」と岸。これが非常に重要なキーワードとなる。それを実現するための工夫が握りに詰まっているため、よく見るとほかの投手とは少し違った握りをしていることに気づくはずだ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング