週刊ベースボールONLINE

プロ野球魔球伝説

打者の証言 篠塚和典が語る 伊藤智仁(元ヤクルト)のスライダー/伝説の魔球

 


「全力で腕を振ってくるから、キレがあり、食い込んでくる」



 落ちる変化球というのは打ちづらい。とらえるには1点しかないので。だから、曲がり方はすごく重要です。伊藤智(伊藤智仁、元ヤクルト)は2つの曲がりを使っていました。小さく曲がるものと大きく落ちて曲がるもの。バッターにとっては後者にとても苦労させられました。

 また、遅い曲がりであればある程度対応できますが、やはり伊藤智のようにスピードがあって曲がるというのは厄介。ヘッドスピードを速くしなきゃいけないとか対策を立てるわけですが、単純に考えれば曲がる前に打てばいい。初対戦のときもそんなことを考えていました。

 1993年6月9日の試合(金沢)です。ご存じの方も多いと思いますが、この試合でチームは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング