週刊ベースボールONLINE

夏の甲子園 編集部選定・最強チーム

PL学園高(1983〜1985年・大阪) 投打のヒーロー“KKコンビ”大暴れ!甲子園23勝、PL黄金時代の最強世代/聖地に君臨した強者たち

 

池田高と並び1970年代後半から80年代前半に「逆転のPL」と呼ばれ一時代を築いた強豪校は、83年に桑田と清原の2大スターの登場で、さらなる高みに突きぬけた。高校野球の歴史に燦然と輝くKKコンビがいた3年間。

KKコンビとして甲子園を席巻した3年間だった


1年生コンビが席巻


 23勝3敗──。桑田真澄清原和博が在籍した3年間(1983〜85年)におけるPL学園高の甲子園成績である。5季すべてに出場、優勝2回、準優勝2回という数字以上に、KKコンビは強烈なインパクトを聖地に刻んだ。その衝撃はまさに“最強”の名にふさわしいものであった。

 桑田と清原が1年生だった83年夏の選手権大会準決勝。3季連続優勝を狙い甲子園に乗り込んできた蔦文也監督が率いる当時最強の池田高(→関連記事参照)を7対0で撃破。池田のエース・水野雄仁を打ち崩したこの日が、KK時代の幕開けだったと言っていい。池田高戦で桑田は完封勝利、横浜商高との決勝では四番・清原が先制のアーチを放つなど1年生コンビが優勝の原動力となり、一躍スターダムにのし上がった。

 80年秋に監督に就任し、母校を常勝軍団に育て上げた中村順司監督(現名古屋商科大総監督)の教えは徹底していた・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング