週刊ベースボールONLINE

夏の甲子園 編集部選定・最強チーム

立浪和義×野村弘樹 最強チームを語る PL学園高(1983〜1985、87年)/聖地に君臨した強者たち

 

甲子園20勝の桑田真澄、13本塁打の清原和博のKKを擁し、1983、85年と2度、夏の全国制覇を成し遂げたPL学園高を「史上最強チーム」に挙げる球界関係者、高校野球ファンは多い。KK3年時の1年生であり、KKが成し遂げられなかった春夏連覇を達成した87年のチームから主将の立浪和義氏、エースの野村弘樹氏が登場し、当時の思い出を語る。
取材・構成=井口英規、滝川和臣 写真=榎本郁也、BBM

3年夏の全国制覇で春夏連覇達成。右が野村氏、左が立浪氏


PLに入った理由


野村 おお、2人とも髪の毛、長くなっとるな、いっちょ前に色気づき始めたときですね(笑。上写真を見て)。

――資料になりそうな雑誌や写真を持ってきたんで、当時を思い出しながらお願いします。

立浪 『強豪校シリーズPL学園』か。こんな本も出ていたんですね。

野村 なに言っとんねん。さっき見たら、お前、インタビュー受けとったよ(笑)。

立浪 すんません、忘れてました(笑)。(今度は、夏の甲子園開会式の入場行進の写真を見て)自分が先頭ですが、後ろの列の3人は、みんな185センチ以上です。もう30年前だから、相手には強く見えたでしょうね。

――まず、おふたりはなぜPLに入ったんですか。

立浪 PLは当時、桑田(桑田真澄)さん(のち巨人ほか)、清原(清原和博)さん(のち西武ほか)がいて、強かったし、人気もあった。自分は、大商大堺高に決まっていたんですが、声をかけてもらい、悩みましたがPLにさせてもらいました。母親と2人で少年野球の監督さんに謝りにいった記憶があります。桑田さん、清原さんを筆頭とするあの圧倒的な強さ。それに魅かれたというのが一番ですね。

野村 僕は広島出身ですが、テレビで逆転のPLと言われた時代から見ていますし、中2で桑田さん、清原さんを見て、ユニフォームがかっこいいなと思ったのが最初でしたね。「PL GAKUEN」ってバンと胸に書いてあって。

――入部して間近に見たKK2人の印象は。

立浪 自分らは2個下でしたが、中学生、高校生だと1年の違いがものすごく大きいじゃないですか。1年生で入ったときの3年で、一緒に練習もしましたが、清原さんで言えば、まず・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング