週刊ベースボールONLINE

夏の甲子園 編集部選定・最強チーム

横浜高(1998年・神奈川) 怪物・松坂大輔擁して春夏連覇。秋国体まで無傷公式戦44連勝/聖地に君臨した強者たち

 

平成の怪物・松坂大輔の存在はもちろんだが、彼を中心に据えた1998年の横浜高は、ドラマチックなゲームの連続。記憶にも記録にも残る、負けないチームであった。

松坂大輔は海草中・嶋清一以来、59年ぶりに夏決勝でのノーヒットノーランを飾る


最後の敗北と反骨心


 1998年の夏を語るには、ここに至るまでの横浜高の流れを理解しておかなければならない。1年春からベンチ入りを果たしていた主将で捕手の小山良男(元中日)、同秋からのベンチ入りで主戦となった松坂大輔(現中日)らの代は、彼らが3年となる秋に33年ぶりに地元で開催される『かながわ・ゆめ国体』を見据え、戦力の充実を図っていた世代だった。期待どおり順調に成長した彼らは、2年になると多くが主力となり、春の神奈川大会で準優勝し、関東大会ではV。夏も圧倒的な優勝候補に挙げられることとなる。

 しかし・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング