週刊ベースボールONLINE

真夏の激闘 個人タイトルの行方

大瀬良が2冠で沢村賞も一気に奪取?/セ・リーグ投手編

 

大瀬良[広島]


先発と抑えのタイトル広島勢が独占の様相


 広島独走の原動力は、間違いなく先発・大瀬良大地の覚醒にある。18試合に登板し、ハーラーダービートップの12勝(5敗)を挙げ、7つの貯金を作り出した。最多勝部門では、中日ガルシアが11勝で僅差ではあるが、大瀬良がこのままの投球内容を続けさえすれば、両チームの打線の強さの違いもあるため、ほぼ獲得するだろう。

 8月4日のDeNA戦(横浜)で8回1失点と好投し12勝目を挙げた大瀬良は、防御率を2.43としリーグトップに。ここも2位にガルシアがつけているが、一時期の不調から・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング