週刊ベースボールONLINE

真夏の激闘

誰が制すか? 新人王争いの行方/セ・リーグ編

 

各タイトルと同様にファンの関心を集めてきた新人王レース。今年も両リーグで新しい力の台頭がめざましい。
※成績は8月5日時点

先発ローテを守り、球宴にも出場したDeNA東克樹


セ・リーグは独走?


 その年の最も優れた新人を記者投票により選出する最優秀新人(新人王)。対象となるのは、海外プロリーグに参加したことがない5年目以内の選手で、投手は一軍登板30イニング以内、打者は一軍で60打席以内となる。そのため、今季セットアッパーを務めるソフトバンクの5年目、加治屋蓮も資格を有している。

 選出される際の一つの基準となるのが、打者なら規定打席、投手なら規定投球回数のクリアが高評価につながる。一方で評価が難しいのがリリーフ投手。セーブ王などタイトルを獲れば文句なしだが、中継ぎのチーム貢献度は軽視されがちだ。

 セ・リーグでは攻守に成長が著しい吉川尚輝(巨人)が昨年の京田陽太(中日)に続いて、2年連続で内野手からの新人王誕生の可能性も高まったが、左手骨折で離脱。現時点では・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング