週刊ベースボールONLINE

スペシャルインタビュー

西武・秋山翔吾インタビュー 青き夢 「力を結集して勝利につなげている」

 

開幕から首位の座を守り続ける埼玉西武ライオンズ。10年ぶりの優勝へチームが一体となっている。一番打者を担う秋山翔吾も静かに闘志を燃やす。自らの夢を完遂すべく、今日もグラウンドに立ち続ける。
取材・構成=小林光男 写真=桜井ひとし、高塩隆(インタビュー) ※記録は8月5日現在


一体感とベンチの熱量


 ブルーを基調とし、白き風と無数のチャンピオンフラッグがデザインされた、獅子風流(ししぶる)ユニフォームを身にまとったナインが躍動する。8月2日から日本ハムとの首位攻防戦。2勝1敗と勝ち越し、10年ぶりの優勝へはずみをつけた。成長を果たした青き獅子に怖いものはない。

──現在、首位に立っています。ここまでの戦い方をどう感じていますか。

秋山 今年は開幕8連勝と想像以上のスタートを切って。5月は10勝14敗と負け越しましたけど、それが奏功したかもしれません。開幕当初の勢いのまま行ければ良かったですが、打線で言えばラインアップに3割打者ばかりが名を連ねるということは続かない。若い選手も多いですし、5月に研究されて、多少面食らって、「シーズンは甘くないよ」と思い知らされましたから。ただ、そう感じたことが逆にプラスになったでしょう。

──残り試合も50ゲームを切りました。10年ぶりの優勝へ期待は高まります。

秋山 僕はあまり首位にいる実感がないんですけどね。ただ・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング