週刊ベースボールONLINE

真夏の激闘 西武はこのまま突っ走れるか!?

リリーフ陣が整いつつあり、最大の懸案は消えたが……。ライオンズVへ欠かせない“あの男”の復調

 

開幕8連勝とスタートダッシュに成功し、8月5日現在、首位に立ち続ける西武。10年ぶりの優勝へ向け、チーム一丸となっているが、果たして、シーズン終盤を勝ち切ることができるか。そのためには投打の“主役”の復調が欠かせない。
写真=井田新輔

約1カ月半、勝ち星から見放されたエース・菊池の復調が優勝へ必須だ


中村が調子を上げ最強打線へ


 8月3日からの日本ハム3連戦(メットライフ)を2勝1敗で終えた西武。2位との直接対決を勝ち越し、ゲーム差は3.5となったが、日本ハム戦は11試合も残されている。特に、9月、10月だけで8試合。対戦成績は7勝7敗と互角でもあり、現時点でゲーム差を気にする段階にはないだろう。勝負どころの大一番は、まだまだ先。ただ、首位争いを有利に進めているのも事実で、10年ぶり優勝の可能性は、かなり高まっていると見ていいはずだ。

 ここまで首位を走り続けた最大の要因は、やはり12球団トップの得点力にある。足あり、一発あり、代打の層も厚い。文句のつけようがない。何より・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング