週刊ベースボールONLINE

Vを呼ぶ扇の要 優勝チームに、名捕手あり!

広島・會澤翼 正捕手、強打者、選手会長の「三位一体」でチームを引っ張る、3連覇を目指す鯉の司令塔

 

球団史上初の3連覇に向け、着々とマジックを減らしている広島。そのチームにあって、さまざまな面で欠かせぬ存在となっているのが、正捕手の會澤翼だ。今季はチームの防御率が悪く、リードには苦心しているようだが、それでもチームを勝利に数多く導いている。一方で「打てる捕手」として恐怖の下位打線を形成、さらに、選手会長として、ゲームの外でのチームのまとめ役も。この男の存在なくして、カープのV3への進撃は考えられないと言ってもいい。


投手のよさを引き出すことを重要視する


 扇の要と言われる捕手は、チームの浮沈を左右する。歴代優勝球団には名捕手がいるもの。3連覇へ突き進む広島には、會澤翼がいる。ここまで広島では最も多く出場しており、規定打席未満ながら、打率3割を超える。持ち前の強打を発揮しながら、捕手としても大きな包容力で投手陣をサポートしている。

 正捕手の座を完全につかんだ今季だが、リードには苦心が続く。球界全体に見られる打高投低傾向は、広島も同じ。リーグトップの得点力を誇る打線とは対照的に、投手陣は先発、中継ぎともに安定感を欠く。首位独走も、チーム防御率は4.14(8月26日現在)、与四球数も400個を超える。

 打撃では豪快さを発揮する會澤だが、捕手としては黒子に徹する。「投手よりも目立つ捕手もいるけど、僕はそうじゃない。目立つのは投手で、捕手は投手を目立たせる影となればいい」。

 試合前のミーティングで得た情報や過去のデータを頭に入れながらも、重要視するのは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング