週刊ベースボールONLINE

Vを呼ぶ扇の要 優勝チームに、名捕手あり!

チームを勝利に導く捕手構成とは?12球団キャッチャー事情2018 セ・リーグ編

 

143試合を1チーム28人で戦っていく中で、捕手をどのようにやりくりしながら戦っていくのか。どう正捕手をサポートする体制を作っているのか。各チームの捕手起用事情を見ていく。
※写真で紹介する捕手は8月25日現在で一軍登録されている捕手及び成績も8月25日現在。球団並びは8月22日現在でのリーグ順位による

広島・3捕手がバランスよく効率よく機能


第一捕手

會澤翼/30歳


サブ

石原慶幸/39歳[左]、磯村嘉孝/26歳[右]


 打力でほかの捕手を大きく上回り、年齢的にも30歳と脂の乗り切ったところにある選手会長・會澤翼がレギュラー捕手。ただ、常にスタメンというわけではなく、先発投手が大瀬良大地のときには磯村嘉孝、ジョンソンのときには石原慶幸がマスクをかぶり、それぞれに高勝率を挙げているため、それ以外が會澤のスタメンという形が定着。會澤に休養を与える意味でも、これがいいバランスになっており、現状、チームとしてうまく機能していると言っていい。課題はチーム全体で.159にとどまっている盗塁阻止率か。

ヤクルト・対話重視のキャプテン中村が中心


第一捕手

サブ

井野卓/35歳[左]、大村孟/27歳[右]


 正捕手とともに選手会長、キャプテンと、まさにチームの大黒柱であるのが中村悠平。3年前のリーグ優勝にも貢献した。ベテラン投手も多い中で対話を重視し、信頼関係を築いている。昨季まで中村と正捕手争いをしていた西田明央が故障などで出遅れたため、今季の第2捕手はベテランの井野卓が務めている。ほかには高卒2年目の今季、プロ初出場初先発でハフの来日初勝利をアシストした古賀優大が台頭。開幕前に支配下登録された大村孟は打撃でも期待されている。一軍では捕手経験のある内野手・藤井亮太が有事に備える。

巨人・信頼回復図る小林に大城が肉薄


第一捕手

サブ

大城卓三/25歳[左]、宇佐見真吾/25歳[右]


 昨季ゴールデン・グラブ賞を獲得した小林誠司が正捕手であることに違いはない。しかし、6月26日からの広島3連戦(マツダ広島)で3試合計26失点の大敗もあり、以降は約1カ月間にわたってベンチを温め続けた。取って代わったのは新人の大城卓三で、開幕以降、代打としても起用されるなど打撃面でも期待される。現状は先発投手に応じて併用(小林4:大城2)が基本路線で、小林先発の場合に代打・大城、大城先発の場合に抑えに小林起用も。これらの起用法から捕手3人制が基本で、第3捕手には宇佐見真吾が控えている。

阪神・総合力の梅野を我慢強く固定


第一捕手

サブ

原口文仁/26歳[左]、坂本誠志郎/25歳[右]


 金本知憲監督就任以来、競い合わせてきた若手捕手の中から、今季は梅野隆太郎を固定して起用し続けている。捕手陣の中では攻守のバランスを考えたときに梅野が総合力で少し抜けている。強肩でワンバウンド処理もうまく、今季は打撃面でも効果的な一打を放つなど好調。この1年で正捕手としての育成を始めたばかりだ。控えの1番手は打撃の良い原口文仁。原口は代打の切り札でもあるため、坂本誠志郎や岡崎太一長坂拳弥を梅野のサブとして起用している。今季は梅野を中心に基本この5人で回している。

DeNA・打力と経験値のある伊藤を獲得


併用制

伊藤光/29歳



 戸柱恭孝、嶺井博希、高城俊人の3捕手併用で開幕を迎えるも、打撃力の弱さを露呈。7月にはテコ入れとして、高城と入れ替わる形で伊藤光がオリックスからトレードで加入した。伊藤は、状況に応じて四球を選べるなど打線のいいアクセントとなっている。現時点では、嶺井と伊藤が日替わりでマスクをかぶるが、今季DeNAの先発投手陣が期待されたパフォーマンスを発揮できておらず、苦心のリードを強いられている。また、現在は二軍ながら初打席初アーチを放ったルーキー・山本祐大は強肩の捕手として面白い存在。

中日・絶対的存在おらず併用続く


第一捕手

サブ

大野奨太/31歳[左]、武山真吾/34歳[右]


 谷繁元信が兼任監督となった2014年以降(15年に引退、16年は専任監督)、シーズンを通して任せられる絶対的な存在はいない。今季は日本ハムからFAで大野奨太を獲得したが、オフに右ヒジの手術を行った影響で出遅れ、ここまでは期待されたパフォーマンスとは程遠い。その結果、松井雅人の先発マスクが多いものの、大野、武山真吾を状況により併用。このほか、今季は木下拓哉が14試合に出場している。捕手が固定できない状況ではリーグ4位のチーム防御率4.33で6位低迷も当然か。なお、打撃面ではいずれも期待はできない状況……。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング