週刊ベースボールONLINE

Vを呼ぶ扇の要 優勝チームに、名捕手あり!

チームを勝利に導く捕手構成とは?12球団キャッチャー事情2018 セ・リーグ編

 

143試合を1チーム28人で戦っていく中で、捕手をどのようにやりくりしながら戦っていくのか。どう正捕手をサポートする体制を作っているのか。各チームの捕手起用事情を見ていく。
※写真で紹介する捕手は8月25日現在で一軍登録されている捕手及び成績も8月25日現在。球団並びは8月22日現在でのリーグ順位による

広島・3捕手がバランスよく効率よく機能


第一捕手

會澤翼/30歳


サブ

石原慶幸/39歳[左]、磯村嘉孝/26歳[右]


 打力でほかの捕手を大きく上回り、年齢的にも30歳と脂の乗り切ったところにある選手会長・會澤翼がレギュラー捕手。ただ、常にスタメンというわけではなく、先発投手が大瀬良大地のときには磯村嘉孝、ジョンソンのときには石原慶幸がマスクをかぶり、それぞれに高勝率を挙げているため、それ以外が會澤のスタメンという形が定着。會澤に休養を与える意味でも、これがいいバランスになっており、現状、チームとしてうまく機能していると言っていい。課題は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング