週刊ベースボールONLINE

年代別優勝捕手カタログ

【1970年代】乱セで個性派捕手の登場/年代別優勝捕手カタログ

 

「黄金時代に名捕手あり」は球界の真理だ。チームを陰から支える重要なポジションであることは時代が変わっても変わらない。ただ、年代によって多少傾向が違ってくる。ここでは2リーグ誕生の1950年から振り返ってみたい。


 セは巨人のV9が73年で終わり、戦国時代に突入する。74年は、“まさかり打法”の中日・木俣達彦、76、77年は森昌彦時代、第2捕手に甘んじてきた巨人・吉田孝司、78年には強肩で鳴らし、赤い手袋の韋駄天、巨人・柴田勲キラーとも言われた大矢明彦ら個性派の名前が並ぶ。75年初優勝の広島は70年代のラスト、79年に再び優勝し、初の日本一に輝くが、対近鉄第7戦、“江夏の21球”の最後のスクイズは、それを察知した捕手・水沼四郎の功績も・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング