週刊ベースボールONLINE

年代別優勝捕手カタログ

【2000年代】打てる捕手から併用の時代に/年代別優勝捕手カタログ

 

「黄金時代に名捕手あり」は球界の真理だ。チームを陰から支える重要なポジションであることは時代が変わっても変わらない。ただ、年代によって多少傾向が違ってくる。ここでは2リーグ誕生の1950年から振り返ってみたい。


 2000年代のセは1998年に横浜で優勝、日本一に輝いた谷繁元信中日に移籍後、黄金時代の要になった。谷繁の最大の特徴はキャッチングのうまさ。捕球時、ミットがまったく動かなかった。現役で16年の広島の正捕手・石原慶幸も同様に超一流のキャッチングが高評価されている。阪神では矢野輝弘(現燿大)。「捕手は監督の分身」と自覚し、投手陣を叱咤激励。信頼は絶大なものがあった。

 超攻撃的捕手が・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング