週刊ベースボールONLINE

年代別優勝捕手カタログ

【1950年代】日本シリーズで起こった世代交代/年代別優勝捕手カタログ

 

「黄金時代に名捕手あり」は球界の真理だ。チームを陰から支える重要なポジションであることは時代が変わっても変わらない。ただ、年代によって多少傾向が違ってくる。ここでは2リーグ誕生の1950年から振り返ってみたい。


 2リーグ制誕生が1950年。初年度セの覇者は、のち大洋に吸収合併され消滅した松竹ロビンスだ。正捕手・荒川昇治は12三塁打、25盗塁と俊足でも鳴らした男。パは毎日オリオンズ(現ロッテ)。土井垣武は阪神からの移籍1年目で打率.322、15本塁打、72打点、16盗塁をマークしている。

 以後は巨人、南海(現ソフトバンク)の黄金時代となるが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング