週刊ベースボールONLINE

温故知新のカープV8の軌跡

赤き歓喜の記憶V2編 「江夏の21球」で初の日本一に!

 

1975年の初Vの歓喜から黄金時代を築き、一時、低迷もあったが、いまや3連覇を目前と2度目の黄金時代を謳歌している。ここでは、その8回の優勝をプレーバックする。

日本一を決めた瞬間。江夏[左]と捕手・水沼が抱き合う


若手の台頭が原動力に


 1975年以来、2度目の優勝を飾った広島。終わってみれば2位に6ゲーム差の独走Vだったが、勝率5割超えが6月23日と序盤は苦しみ続けた。

 開幕ダッシュに失敗し、5月終盤には最下位となった時期もある。体調不良もあって古葉竹識監督は三塁コーチを止め、ベンチで指揮することになった。

 看板選手も2人とも苦しむ。前年44本で初のホームラン王となった山本浩二も開幕直後は大不振。「気持ちでは完全に理解できても体がついてこない」と頭を抱えた。それでも「入団11年になるが、これほどバットを振った年はない」と、猛練習で泥沼からはい上がり、また打ち始める。

 衣笠祥雄も不振に苦しみ、味方ファンからも罵声を浴びた。古葉監督の決断で、連続全イニングフル出場は日本記録目前の678試合で途切れ、死球で左肩甲骨骨折のケガもあった。それでも自宅の庭で黙々とバットを振り、少しずつ状態を上げていった。

 ベテランの足踏みの間・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング