週刊ベースボールONLINE

U18日本代表一次候補入りの好打者

野村佑希(花咲徳栄高・投手兼内野手) 大器の片鱗を見せる埼玉の大砲

 

日の丸を背負って戦った18人だけが“超高校級”ではない。全国に散らばる逸材は、まだまだ多数いる。そこで、U18日本代表一次候補に名を連ねた2人の好打者を紹介しよう。まずは昨夏の甲子園で2年生四番として埼玉県勢初の深紅の大優勝旗をつかんだ花咲徳栄高の長距離砲だ。
取材・文=上原伸一

野村佑希(花咲徳栄高・投手兼内野手


胸を張る甲子園4本塁打


 打者一本で勝負する――。新たな決意でバットを振り込む。高校野球引退後もその姿は常に自校のグラウンドにあり、プロ入りに向けた「準備」に余念がない。これは2015年から3年連続でドラフト指名選手を輩出している花咲徳栄高の慣例でもある。岩井隆監督は「厳しいプロの世界に行きたいのなら“準備”をするのは当たり前。去年の西川愛也(現西武)と清水達也(現中日)も毎日、新チームの選手に混じって遅くまで練習していました」と話す。

 野村の“準備”はプロの試合を観戦することから始まった。ただし、熱心に見たのはゲームではなく・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング