週刊ベースボールONLINE

隠れた5人の逸材球児

勝又温史(日大鶴ヶ丘高・投手) 新たな武器も手にした“東京最強”右腕

 

高校3年間で一度も甲子園の土を踏めずとも、プロで輝きを放つ選手は多数いる。今秋ドラフトでも、甲子園“不出場”の逸材球児もスカウトから熱視線を注がれている。その中で本誌が注目する隠れた逸材5人をクローズアップしよう。
取材・文=上原伸一 写真=井出秀人


あふれる躍動感荒削りな点も魅力的


 今夏の甲子園で全国の高校野球ファンに見てほしかった選手がいる。日大鶴ヶ丘高のエース・勝又温史である。投げてよし、打ってよし。マウンドからは最速152キロのストレートを投げ込み、左打席からは左右に長打を飛ばす。西東京大会の決勝では154球の熱投も報われず、日大三高にサヨナラ負けを喫したが、大会を通じてスケール感のあるプレーでスタンドを沸かせた。

 もともと“東京最強右腕”の呼び声が高かった逸材だ。しかし、今夏までは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング