週刊ベースボールONLINE

隠れた5人の逸材球児

金子知生(新田暁高・投手) 3年間で急成長を遂げた闘志あふれる本格派

 

高校3年間で一度も甲子園の土を踏めずとも、プロで輝きを放つ選手は多数いる。今秋ドラフトでも、甲子園“不出場”の逸材球児もスカウトから熱視線を注がれている。その中で本誌が注目する隠れた逸材5人をクローズアップしよう。
取材・文&写真=大平明


不完全燃焼の思いを胸にさらなる進化を目指す


 今夏、自己最速の144キロをマーク。一番のセールスポイントは、やはり力のある真っすぐだ。

「投げるときに意識しているのは、地面に着いた左足を後ろへ引くようなイメージで踏み込むことです。大谷翔平選手(エンゼルス)を参考にしているのですが、そうやって下半身の力をボールに伝えることで力強い球が投げられていると思います」

 そんな金子知生だが、新田暁高入学時のポジションは捕手。投手を始めたのは1年秋からで、それ以前は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング