週刊ベースボールONLINE

セ5球団CS必勝法

中日・もはやCSは風前の灯ではあるが、対カープの刺客には一番面白い存在!/CS対カープ戦力分析

 

広島がセ・リーグ3連覇をほぼ確実なものとし、次なる注目点はクライマックスシリーズの行方に移る。昨季はリーグ3位のDeNAが広島を破り、日本シリーズへと進んだが、現時点で全チームがCS進出の可能性を残す混セの中で、5球団はレギュラーシーズンでいいようにやられた王者に一泡吹かせようと爪を研ぐ。当然ながら、下位3球団はAクラス入りすることが前提となるが、もしCSで広島と対戦することになれば、どんな戦いを繰り広げるのか──。
※数字は9月15日時点※ファーストS=CSファーストステージ(旧第1ステージ)、ファイナルS=CSファイナルステージ(旧第2ステージ)

9月15日、対広島5連勝で全対戦が終了。笠原[中央]は対広島3勝目


対広島成績 14勝11敗(マツダ広島5勝8敗)


試合の消化が早く、CS進出は他チーム次第。正直、可能性が高いわけではない。ただし、進出となれば広島を倒す可能性がもっとも高いチームではある。

 対広島に限定すれば、最強のチームになった。

 先発はガルシアが3勝1敗、笠原祥太郎が3勝2敗、藤嶋健人が2勝0敗と相性もよく、特に夏場からの笠原、藤嶋は“広島キラー”と言ってもいい存在となっている。吉見一起もまず試合を壊さないはずだ。

 さらに抑えの新星・佐藤優は対広島4試合連続セーブ中、しかも4試合無失点を続けている。中継ぎの祖父江大輔も防御率2.00。この2人につなぐ展開に持っていけたら・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング