週刊ベースボールONLINE

激動の平成ドラフト史

【平成元年(第25回)】野茂英雄が史上最多8球団競合 実力派そろう屈指の黄金ドラフト/激動の平成ドラフト史

 

平成最後のドラフト会議が10月25日に開催された。ここでは、新日鉄堺・野茂英雄の8球団競合で沸いた平成元年秋のドラフト会議から2017年秋までを一気に振り返っていく。

野茂英雄[新日鐵堺]近鉄1位


 テレビ中継元年でもある。会場では新しく導入された大型画面のディスプレーに、次から次へと野茂英雄(新日鉄堺)の名前が映し出された。ロッテ、大洋、日本ハム阪神、ダイエー、ヤクルトオリックス、近鉄。史上最多の8球団が1位指名。近鉄の仰木彬監督は、最後に残った1枚を手にし、それが「当たり」だった。

 甲子園を沸かせたスラッガー、元木大介(上宮高)は「巨人以外ならプロへ行かない」と明言していたが、巨人は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング