週刊ベースボールONLINE

激動の平成ドラフト史 時代の証言者

オリックスOB・佐藤和弘「ドラフトはプロへの片道切符。往復切符じゃなかった」/時代の証言者

 

史上屈指の豊作年とも言われる平成初、1989年秋のドラフト会議で1位指名された選手の中で、唯一、会議時“行方不明”だった男でもある。パンチの登録名でも知られた異色選手があの日の思い出を語る。
取材・構成=井口英規 写真=BBM

愛称のパンチはパンチパーマから


夢は川崎水道局?


 愛称は“パンチ”。明るいキャラで入団時から取材が殺到し、マラソン選手ロサ・モタが登場する軽妙なたとえ話でも人気があった。わずか5年の現役生活ではあったが、球史に残る個性派ドライチ選手だった。

 前の年(88年)に都市対抗の首位打者になったんですが、このときも6球団から声をかけてもらっています。もう時効でしょうけど、食事をご馳走になったりしました。

 ただ、当日は指名が1つもなかった。僕は別に1位や2位じゃなくても行くつもりだったんですけどね。その後、ある球団が「ドラフト外で入ってくれませんか。契約金も指名選手同様に出します」と言ってきたんですが、熊谷組から「おかしいでしょ。ちゃんと指名くれたら、うちの三番バッターを出そうと思ったけど、ドラフト外はエチケット違反じゃないですか」と。僕も行きたい気持ちは半分くらいありましたが、「俺は軽く見られたんだな。これから頑張って、ちゃんと指名される選手にならなきゃな」と思いました。

 ただ、どうしてもプロに入りたいと思っていたわけじゃありません。もともと僕はプロ野球に・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング