週刊ベースボールONLINE

激動の平成ドラフト史

【平成5年(第29回)】「逆指名制度」がスタートして16年ぶりにクジ引きがない“無風ドラフト”/激動の平成ドラフト史

 

平成最後のドラフト会議が10月25日に開催された。ここでは、新日鉄堺・野茂英雄の8球団競合で沸いた平成元年秋のドラフト会議から2017年秋までを一気に振り返っていく。

小久保裕紀[青学大]ダイエー2位


 この年のドラフトは制度で大きな変革があった。高校生以外の選手が交渉希望球団を選び、その球団がドラフト会議で指名することで選択が確定する「逆指名制度」がスタートしたのだ。新制度が適用されるのは1位、2位指名のみ。3位指名以降はウエーバー方式と逆ウエーバー方式を交互に行うことになっている。

 1、2位選手が同時に入札されることになった「逆指名制度」では、12球団がその記載用紙に選手の名前を書き込むだけ。これまでのように他球団の動向を気にする必要もなく、また指名が重複することもなかったため一度も会場が沸くこともない。クジ引きがないドラフトは1977年以来、16年ぶりのことだった。

 何の混乱もない“無風ドラフト”で最大の注目は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング