週刊ベースボールONLINE

激動の平成ドラフト史

【平成11年(第35回)】3球団競合の河内貴哉は広島へ。真の主役はメジャーへ羽ばたいた4人/激動の平成ドラフト史

 

平成最後のドラフト会議が10月25日に開催された。ここでは、新日鉄堺・野茂英雄の8球団競合で沸いた平成元年秋のドラフト会議から2017年秋までを一気に振り返っていく。

河内貴哉[国学院久我山高]広島1位


 7人の高卒ドラ1が生まれたが、人気を集めた河内貴哉(国学院久我山高)は3球団が競合して広島が交渉権を獲得。夏の甲子園優勝投手・正田樹(桐生第一高)は日本ハムが一本釣りした。だが、結果的に高卒ドラ1の中で最も出世したのは中日に外れ1位で指名された朝倉健太(東邦高)だった。2位指名でも田中賢介(東福岡高)に3球団が集中。日本ハムが引き当て、リーグを代表する二塁手に成長を遂げた。

 大学・社会人では・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング