週刊ベースボールONLINE

激動の平成ドラフト史

【育成ドラフト 平成17→29年(2005→17年)】巨人から2年連続新人王。近年はソフトバンクの躍進が顕著/激動の平成ドラフト史

 

山口鉄也[元米マイナー]平成17年巨人育1巡目


巨人から2年連続新人王。近年はソフトバンクの躍進が顕著


 平成17年(2005年)秋から始まった育成ドラフト。最初に頭角を現したのは、同ドラフトで入団し、翌18年支配下登録された巨人の左腕・山口鉄也だ。アメリカ・マイナー・リーグを経て入団にこぎ着けた苦労人。セットアッパーとして投げまくり、20年は育成初の新人王、最優秀中継ぎ投手3回を獲得している。巨人は18年、2回目の育成ドラフト3位の俊足外野手・松本哲也(専大)も活躍。山口の翌21年に新人王に輝き、当時は「育成の巨人」とも言われた。20年はロッテがいい指名をした。5位にのち抑えで活躍する西野勇士(新湊高)、6位で最終的に一軍2501打席無本塁打の記録を作り、今季限りで引退した岡田幸文(全足利クラブ)を獲得している。

 奇跡の育成世代とも言えるのが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング