週刊ベースボールONLINE

2018ドラフト1位クローズアップ

楽天1位・辰己涼介(立命大) 並外れた身体能力で外野レギュラーを狙う「攻守走、すべてに自信がありますし、いろんなタイトルを貪欲に狙いたい」

 

「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が10月25日、東京都内のホテルで開催された。広島ソフトバンクによる日本シリーズ開幕2日前、全国の野球ファンが逸材たちの人生の岐路に注目。NPBドラフトで83人、育成ドラフトで21人の計104人が指名された運命の「10.25」を徹底特集する。
取材・文=服部健太郎 写真=松村真行、BBM

4球団が競合した末の1位指名に笑顔が弾けた。立命大からは昨年の東克樹[現DeNA]に続き、2年連続での1位指名となった


予想外の高評価に驚き「心からうれしく思う」


 第1回1巡目入札で重複抽選を外したのは8球団。再入札で辰己涼介を外れ1位候補として指名したのは楽天阪神巨人、ソフトバンクの4球団だった。「交渉権確定」の印が押されたカードを引き当てたのは楽天・石井一久GM。立命大・衣笠キャンパス内に設けられた記者会見場で抽選の一部始終を見届けた辰己は感慨深げな面持ちで「まさか4球団も……。ここまで評価していただけるとは思っていませんでした。心からうれしく思います」とコメント。兵庫で生まれ育った生粋の関西人らしく「楽天に指名されたので、まずは楽天カードを作るところから始めたい」と続け、会場を笑いで包んだ。

 会見に同席した立命大・後藤昇監督は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング