週刊ベースボールONLINE

2018ドラフト1位クローズアップ

DeNA1位・上茶谷大河(東洋大) “相思相愛”の1位指名。先発ローテで2ケタ勝つ!「順風満帆とはいかなかった野球生活を支えてくれた両親に喜びを伝えたいです」

 

「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が10月25日、東京都内のホテルで開催された。広島ソフトバンクによる日本シリーズ開幕2日前、全国の野球ファンが逸材たちの人生の岐路に注目。NPBドラフトで83人、育成ドラフトで21人の計104人が指名された運命の「10.25」を徹底特集する。
取材・文=大久保克哉 写真=高塩隆、BBM

大学4年で一気にブレーク。プロでもさらに伸びる可能性を秘める


魔球!? とともに、今春から大ブレーク


 いっそのこと、その珍しい姓を冠して「カミチャボール」とか、「チャタ魔球」と命名してはどうだろう。上茶谷大河の落ちるボールは、最速151キロのストレートにも匹敵する勝負球でありながら、呼び名がどうも落ち着かないのだ。

 今春の東都大学リーグ開幕戦(4月9日、対中大)で、初先発を16奪三振の完封勝利で飾ったときには「スプリット」と言った。これがしばらくすると「ツーシーム」となり、DeNAからドラフト1位指名を受けての公式会見では「カットボール」と表現した。

 球の握りやリリースの相違より・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング