週刊ベースボールONLINE

2018ドラフト総決算

【球団別ドラフト採点】ソフトバンク・即戦力投手をがっつり

 

3球団競合の大阪桐蔭高・藤原恭大ロッテへ、金足農高・吉田輝星日本ハムが外れ1位で指名。各球団担当のドラフト採点とともにパ・リーグ指名選手を一挙に掲載する。


またもクジで敗れる


 小園海斗(報徳学園高)、辰己涼介(立命大)を外し、昨年からのクジ連敗を“5”としたが、本格派右腕・甲斐野央(東洋大)を1位指名できたことは結果としてベスト。ここ2年、チームは主力投手陣のケガで苦しい戦いを強いられてきた。育成力という強みを生かしたドラフトからシフトチェンジし・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング