週刊ベースボールONLINE

“頂人”の回想 スペシャルインタビュー

ソフトバンク・柳田悠岐インタビュー 笑顔でつかんだ日本一 「チームのために何か一つでも貢献したいなと思っていた」

 

2018年シーズンは、広島との頂上決戦を制したソフトバンクの日本一で幕を閉じた。チーム一丸で成し遂げた、球団史上初となる下克上。感動と興奮が冷めやらぬ試合直後、日本一の四番打者に、これまでの熱き戦いを振り返ってもらった。
取材・構成=菅原梨恵、写真=湯浅芳昭(インタビュー)、BBM


 11月3日、マツダ広島。日本一決定の瞬間、センターを守っていた柳田悠岐は大きく吠えて、胴上げ投手・森唯斗のもとに駆け寄った。歓喜の輪の中で、一際輝く柳田の笑顔。シーズン、クライマックスシリーズとバットでチームをけん引し、広島との日本シリーズでも第5戦(11月1日、ヤフオクドーム)、ここ一番で勝負を決める“驚弾”を放った。

 それだけじゃない。選手会長としてグラウンド外でも尽力した。チームのために最善を尽くした男は、工藤公康監督の胴上げの後、仲間たちの手で7度、宙を舞った。

 その後、共同記者会見、祝勝会、テレビ局等のインタビューを経て、柳田がわれわれの前に姿を見せたのは、夜中の3時前。疲れもピークに達したのだろう。かなり眠そうな様子だ。それでも、気合を入れ直し、日本シリーズ、2018年シーズンを振り返ってくれたが、最後の最後は「いやー、もうゆっくり寝たいっす」と本音を吐露した。

インタビューを終え、部屋をあとにする柳田。長かった1日がようやく終わった


日本一、本当によかった


──まずは日本一おめでとうございます。

柳田 ありがとうございます。

──戦いを終えて率直な感想は。

柳田 いやー、ホッとしています。

──今シーズンは長かったですか。

柳田 長かったですね。

──共同会見では「苦しいシーズン」と振り返っていました。どの辺が苦しかったのでしょうか。

柳田 ケガ人もたくさん出ましたし、なかなか上位に食い込めていけなかったんで。そういうところは苦しかったですけど、その中でも・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング