週刊ベースボールONLINE

2018 12球団合同トライアウト

NPBでもう一度 戦力外となった男たち最後の戦い!満員のファンに届ける全力プレー

 

NPBでの現役続行なるか――。NPB所属の12球団から戦力外通告を受けた選手たちに復帰への挑戦権を与える12球団合同トライアウトが、11月13日に福岡県筑後市タマスタ筑後球場で開催された。48人の受講選手たちが、1球に魂を込め最後となるかもしれない戦いに挑んだ。その1日に迫る。
取材・文=椎屋博幸 写真=榎本郁也

11月13日の12球団合同トライアウト前に説明を聞く選手たち


現役続行は難しいからこそ


投手がマウンドに上がる。打者が打席に立つ。そのたびに大きな拍手が起こる。タマスタ筑後のスタンドを埋め尽くした人たちの眼が1点に注がれる。もしかしたら最後の投球、最後の打席になるかもしれない。その雄姿を目に焼き付けるファン。毎年3人未満のNPB復帰しか叶わない現実と向き合う戦力外の選手たち。さまざまな感情が渦巻く。それがプロ野球12球団合同トライアウトなのだ。

 5536人の熱心なプロ野球のファンが48選手の戦いを最後まで見守った。毎年各球団が持ち回りとなっているこのトライアウト。今年はソフトバンクが担当で福岡県筑後市にある二軍施設、タマスタ筑後を使用。JR博多駅から電車で約1時間。さらに座席が3000席しかないため“遠方からのファンも見ることができるように”という配慮により、初めて有料となり、整理券を配った。

 一部には無料席もあり、朝7時過ぎには整理券を求める有料席のファンと無料席の2つの長蛇の列ができていた。年末のテレビ番組で戦力外を受けた選手がこの合同トライアウトを受ける様子などが映し出され、人気を博している。さらに・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング