週刊ベースボールONLINE

2018 Champion’s Voice

西武・山川穂高×多和田真三郎クロストーク “頂点”に立った先輩&後輩

 

今季、10年ぶりのリーグ優勝を果たした西武。強力打線が原動力となったが、中心にいたのは山川穂高だ。シーズン通して四番に座り、47本塁打でホームランキングに輝いた。投手陣では多和田真三郎が奮闘。先発ローテーションを守り抜き、16勝で最多勝のタイトルを獲得した。ともに沖縄県出身で中部商高、富士大でプレーした2人。高校、大学の先輩、後輩がプロの“頂点”に立った、その理由を語り合ってもらった。
取材=上岡真里江 写真=菅原淳(インタビュー)、BBM


サブローの16勝は当然!


──まずはタイトル獲得、おめでとうございます!

山川&多和田 ありがとうございます!

──お二人とも初タイトルです。受賞の感想を聞かせてください。

山川 今季は絶対に本塁打王を獲ろうと思っていたので、実現できたのはすごくよかったです。狙って獲ることに、より価値があると思うので、本数うんぬんより、獲得できたことに大きな喜びを感じています。

多和田 僕は山川さんとまったく違います。僕の場合は、確実に“獲らせてもらった”タイトルだと思っています。まさか獲れると思っていなかったので、とにかく一生懸命やっていました。来年は、僕もそうやって(タイトルを)目標にしていきたいなと思います。

──お互いの活躍をどう見ていらっしゃいましたか?

山川 すごいです! 僕は投手をやったことはないですが、『勝つ』のが投手の一番大事な能力だと思っています。順番でいくと、『勝つ』が一番先。その次に防御率などが入ってくると思う。だから・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング