週刊ベースボールONLINE

激動の平成移籍史

西武・FA移籍者最多の17人。平成は戦力離脱の時代だった/球団別平成移籍史

 

ここからは平成の移籍の歴史を球団別に見ていく。豊富な補強資金で大物の獲得を繰り返すチーム、逆に流出ばかりが目立つチームといろいろだ。現存の12球団に加え、オリックスと吸収合併した近鉄についても、別出しで紹介する。
(写真キャプションの「移籍」は他球団への移籍)

左から橋本武広佐々木誠村田勝喜[平成5年オフ入団]


 球団最多の17人目。11月21日、FA宣言していた浅村栄斗楽天入り。炭谷銀仁朗巨人入りが決まり“記録”は18人に更新された。

 FA移籍が加速したのは栄華を誇った黄金時代が終焉を迎えてから。平成6年(1994年)、リーグ5連覇を果たしたが、日本シリーズで巨人に敗れて、森祇晶監督が退任。するとそのオフ、左腕エースの工藤公康と主将の石毛宏典がFAでダイエーへと去った。前年、秋山幸二が絡んだ大型トレードを行ったが、その仕掛け人はダイエーの根本陸夫監督。元は西武の管理部長として辣腕(らつわん)を振るった男が、ダイエーを常勝軍団にすべく、西武の要を引っこ抜いた。

 その後もFA流出は止まらない・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング