週刊ベースボールONLINE

激動の平成移籍史 男たちの決断

井端弘和が語る移籍「重要なのは、球団からの想い。本当に必要とされているかどうか」

 

平成25年(2013年)オフ、落合博満GM就任で約8億円とも言われるコストカットが断行された中での自由契約。しかし日本を代表する名手の中日退団は条件が問題ではなかった。

自由契約選手の移籍としては異例の入団会見、そして背番号2に巨人の期待の高さがうかがえた


自由契約、即オファー


 2013年シーズンを限りに、16年プレーしたドラゴンズを離れる決断をするに至った経緯を説明するには、シーズンオフの契約交渉よりもずっと前、8月ころの球団との話し合いからお話しする必要があります。

 実はペナントレースが終了してすぐ、右ヒジと右足首を手術しているのですが、これは当時の球団社長、代表との話の中で勧められたもので、いわば球団命令でした。右ヒジに関してはかなり前から思わしくなく、右足首はこの年の開幕早々に受けたデッドボールが原因。のちに骨折していたことが判明するのですが、注射などで痛みをこらえてのプレーにも限界があり、それが最後まで尾を引いてしまって、この年は思うような結果を残せませんでした。そこで「お前は必要な戦力だし、来年(2014年)のためにもできるだけ早く手術をしたほうがいい」と。

 ただ、この年・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング