週刊ベースボールONLINE

激動の平成移籍史

巨人・豊富な資金を背景にFA補強も積極的/球団別平成移籍史

 

ここからは平成の移籍の歴史を球団別に見ていく。豊富な補強資金で大物の獲得を繰り返すチーム、逆に流出ばかりが目立つチームといろいろだ。現存の12球団に加え、オリックスと吸収合併した近鉄についても、別出しで紹介する。
(写真キャプションの「移籍」は他球団への移籍)

落合博満[平成5年オフ入団。左は長嶋茂雄監督]


 巨人のチームづくりを振り返るとき、豊富な獲得資金を背景にしたFA+外国人獲得を無視することはできない。今オフも広島丸佳浩西武炭谷銀仁朗とFA宣言選手に触手を伸ばし、新外国人C.ビヤヌエバにオリックス・中島宏之の獲得も決まった。

 1990年代から00年代初頭、長嶋茂雄監督時代は悪評高いFAでの“四番乱獲”の・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング