週刊ベースボールONLINE

半端ない男たちのレコードラッシュ!

西武・源田壮亮 史上初!新人年開幕から2年連続フルイニング出場。高まる背番号6の価値/2018記録集計号特集

 

今季も重労働の遊撃で試合に出続けた。2年目のシーズンも完走した源田壮亮。優勝を遂げたチームにあって、その価値は高まっている。

遊撃守備は高い安定感も誇った


 何の変哲もないゴロをさばくだけで、メットライフドームには感嘆の入り交じった拍手が起こる。もはや西武に欠かせないショートストップの源田壮亮。新人年だった昨年の開幕から続くフルイニング出場は286試合となった。それまでの記録だった長嶋茂雄氏(元巨人)の220試合を抜き、新人年開幕からの連続フルイニング出場記録を更新中。しかも、ショートでの記録継続だけにこの数字の価値は高い。

「1年目の経験があったので、今年は余裕を持ってプレーできたと思う」

 守備での貢献を求められ、負担の大きなポジションでのフルイニング出場は、単なる成績だけではなく・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング