週刊ベースボールONLINE

2019ルーキー特集 スペシャル対談

渡辺元智(横浜高元監督)×渡辺佳明(明大-楽天6位) スペシャル対談 祖父と孫の夢物語

 

渡辺佳明は歴代4位タイの51勝を挙げた名将・渡辺元智を祖父に持つ。孫は周囲からの特別な視線を力に変えて、楽天からドラフト6位指名を受け、夢であったプロ入りを実現させた。渡辺家には、白球を通じて築かれた深い絆があった。
取材・構成=岡本朋祐、写真=BBM

渡辺佳明の夢は、家族の夢。プロ入りを誰よりも喜んだのは、幼少時から野球をたたき込んだ祖父・元智さんだった


昨年末の家族会議で「プロ挑戦」を後押し


 孫の晴れ舞台を、祖父はわが子のように見守った。11月22日、仙台市内で楽天の新入団会見が行われた。ドラフト6位で指名を受けた渡辺佳明は「自分は小さいころから野球を教えてもらったおじいちゃんに『ありがとう』と言いたい」と話した。記者会場には横浜高校の恩師でもある祖父のほかに、同野球部の合宿所で寮母だった祖母、母の姿もあり、渡辺家には微笑ましい光景が広がっていた。

渡辺 入団会見は感極まったね。野球人生で最高の瞬間だった。小さいころ、私は(家庭の事情で)両親と一緒に生活した記憶がほとんどない。決して人には言わなかったが、プロ野球選手になれば、オヤジとお袋と暮らせると思い込んでいた。

 行けるかどうかは別にして、大学へ進学して(プロの世界も)見えてきた矢先、肩を痛めてしまった。今の医療技術ならば、治っていたかもしれない。結局、現役選手を断念せざるを得ない状況となり1年間、自暴自棄の生活を送った。そんな私を、横浜高校が助けてくれた(1965年にコーチ就任、68年に監督就任)。時は流れて、松坂(松坂大輔中日)が在籍していたときに佳明が生まれた。野球部の合宿所で育ち、小さいころから野球に囲まれ、環境に恵まれていた。練習後に相手をしてやると「これは、すごいセンスをしている!!」と、直感したのを覚えている。しかし、身長が伸びない。シニアの練習を見に行ってもセンスはあるが……。佳明は横浜高校を希望したが「無理だ!!」と猛反対した。でも、佳明は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング