週刊ベースボールONLINE

'19ドラフト1位ルーキー 4連続インタビュー

ソフトバンク・甲斐野央インタビュー 『負けん気』で全力勝負 「まずは一軍に上がって定着すること。1年間投げ切ること」

 

東洋大では上茶谷大河(DeNA1位)、梅津晃大(中日2位)とともに150キロトリオとして注目を浴びる存在だった。プロでの一歩を踏み出すのは、ほかを圧倒する投手力を誇るソフトバンクだ。アマ最速の158キロを武器にクローザーとして力を発揮してきた右腕は、これから始まる厳しい競争をどう勝ち抜いていくつもりなのか。
取材・構成=滝川和臣 写真=BBM

昨年12月6日に行われた新入団会見では「打者をストレート、気持ちでねじ伏せていくのが目標」と堂々と語った


最終目標はクローザー


 1月7日に入寮し、野球漬けの毎日がスタートした。ソフトバンクの充実した環境の中で自分を追い込む決意だ。12球団一とも言われる分厚い投手層に飛び込むプレッシャーは大きいが、甲斐野央は足元をしっかりと見つめ、やるべきことに集中している。

──昨年末、入団会見を終えて、新人合同自主トレが始まります。

甲斐野 入団会見はとても緊張しましたね。会見のあとには家族を交えての会食があり、同じテーブルには工藤(工藤公康)監督、さらには王(王貞治)会長もおられて、すごく緊張しました。お二人には、今後プロでやっていくうえでのアドバイスをいただきました。すごい方々なので、すべての言葉を受け止めました。

──同期入団のルーキーたちと会話はありましたか。

甲斐野 野村(野村大樹、ドラフト3位)君は意外にお茶目。板東(板東湧梧、同4位)さんはしっかりされていて兄貴という感じでした。泉(泉圭輔、同6位)は同級生ということもあり、いろいろな話をしましたね。杉山(杉山一樹、同2位)も含めて支配下に投手は5人。みんな横一線のライバルとして、これから切磋琢磨していくつもりです。

──入寮前には、ヤフオクドーム、タマスタ筑後を訪れました。

甲斐野 タマスタ筑後は、これで二軍の球場なのか? と驚かされるほど充実していました。寮が隣接していて、寮長の方には「24時間、野球に専念できる」と言われましたが、本当にそのとおりだなと。宮崎の秋季キャンプにも視察に行かせていただいたんですが、そのとき・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング