週刊ベースボールONLINE

HITMAKER SPECIAL CROSS TALK

ヤクルト・青木宣親×西武・秋山翔吾 スペシャルクロストーク 200を超えた男たちの絶対的「野球論」

 

長いプロ野球の歴史でシーズン200安打を超えたのは、わずかに6人。その難易度の高い記録をマークしているヤクルト青木宣親西武秋山翔吾の、球界最高峰の安打製造機による対談がここに実現。お互いの野球観を語り合った。
取材・構成=小林光男 写真=榎本郁也(インタビュー)、BBM


衝撃を受けた“言葉の力”


 昨年195安打を放って最多安打のタイトルを獲得し、西武10年ぶりのリーグ優勝に貢献した秋山翔吾が、目標にしている存在として名前を挙げるのが青木宣親だ。6年にわたりメジャー・リーグで戦い抜き昨年、古巣・ヤクルトに復帰した青木。日本球界でも変わらぬ打棒を発揮して打率.327をマーク、2017年は96敗を喫して最下位だったチームを類(たぐい)まれなリーダーシップによって生まれ変わらせ、2位に躍進させた。

 今年が3年契約の3年目となる秋山はオフの契約更改で、さらなる複数年契約を提示されたが、それを固辞。「まずは3年間、やり抜いてから」と語った。今年中に海外FA権も取得見込みで、後日、視線の先にメジャー・リーグもあることを明かした。

 今回の対談で秋山は青木から何らかの刺激を受けるのか。60分にわたるロング対談がスタートした。

──青木選手の“視界”にはいつごろから秋山選手が入ってきましたか。

青木 アキの1年目(2011年)から「いい選手だな」と思っていましたよ。体は細かったけど力があったし、守備もスピードがあったから。

秋山 僕の2年目から青木さんはメジャー・リーグに行かれて、そのプレーをテレビでよく見ることができるようになりました。ただ、僕が200安打を打つまで時間がかかったので、青木さんはずっと遠い存在でしたね。

──秋山選手は15年にシーズン最多の216安打をマーク。当時、青木選手はMLBのジャイアンツに所属していましたが。

青木 アメリカでもチェックはしていましたよ。最後、一気に5安打くらいしたけど、狙っていたでしょう?

秋山 最後は無欲でしたね。残り2試合で最低6安打しないと、マートン(阪神)が作った214安打を超えることができませんでした。周囲からは「猛打賞2回でしょ」なんて言われていましたけど、200安打に達してからだいぶペースも落ちていたので。「厳しいな」と思って、開き直って打席に入っていました。それで、あれだけ打てたので不思議な感じでしたね(9月30日のオリックス戦で5安打を放ちマートンに並び、最終戦となる翌日の同カードで2安打し、216安打)。

青木 でも、200安打を超えてから一時期、意識はしたわけでしょ。そこで超えられるか、超えられないかの差はすごく大きいと思う。1度はトライしてみようと考えた中で超えたわけだから、それはすごいことだよ。


──青木選手は200安打を2度記録した唯一の選手ですが現在、“200”への意識は?

青木 もう1回くらいは……。ただ、今は立場が以前とは違うので。200安打だけを意識するというわけにはいかない。ですけど、あわよくばまた狙ってみたい気持ちはあります。

秋山 僕も再び200安打を打って、青木さんに追いつきたいんですけど、その意識が強まったのは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング