週刊ベースボールONLINE

2019球界マネー事情

お値段以上の働き 貢献度大!“コスパ”抜群の男たち

 

注目すべきは高額年俸者ばかりではない。額面以上の働きをした“コストパフォーマンス”抜群の選手も多数いる。ここでは、投打の計8部門の“コスパ”トップ5を紹介しよう。
※野手の対象は規定打席到達者、投手の対象は昨季10試合登板以上 2019年俸の単位は万円

ロッテ・井上が“コスパ”で2冠に輝いた


3年やって一人前!?


 コストパフォーマンスの良さは『年俸ベストナイン』の高額年俸者と比べれば一目瞭然だ。中でも野手2部門で“コスパ王”に輝いたロッテ・井上晴哉は年俸以上の働き。昨季、レギュラーに定着して3650万円アップの5000万円の年俸を手にした長距離砲だが、それでも1本塁打&1打点あたりの単価は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング