週刊ベースボールONLINE

新境地に挑む男

日本ハム・金子弌大 オープナー起用がもたらす新たなムーブメント 「先発にこだわりはない。オープナーの先駆けの存在になれたら――」

 

「新境地に挑む男たち」をクローズアップ。まずはオリックスから日本ハムに新加入した金子弌大にスポットを当てる。3年ぶりの覇権奪回に向けて栗山英樹監督は昨シーズン、メジャーで話題になった「オープナー」の導入も示唆しており、その戦術のキーマンに金子の名を挙げた。本来はリリーフ投手である投手が、先発として序盤の短いイニングを投げる起用法──。もし実現すれば、日本球界に新たなムーブメントを巻き起こすかもしれない。
文=井上陽介(スポーツライター) 写真=山口高明、高原由佳


既成概念にとらわれない栗山マジックの新たな一手


 真新しいユニフォームを着た金子弌大が初めてブルペンに入ったアリゾナキャンプ2日目。ただ1人、試合用の正装スタイルで投球練習に臨んだ。ただでさえ目立つ、伸び上がるストレートも、より輝いて見えた。「まだホームとビジターのユニフォームを着ていないのに、練習用を着るのもなぁと思って」。自身の節目を見た目からプロデュースし、強烈な印象を周囲に与えた。

 このオフの言動も大きな注目を集めていた。オリックスから大幅減俸の提示を受け、自由契約となって他球団移籍を決断した。「希望ではないですけど、先発にこだわりはないっていうことを分かっていただけたら」と移籍先でのポジションについて、新天地が決まる前から発言していた。念頭にあったのは「オープナー」だ。昨シーズンにメジャーで話題となった投手起用法。本来は救援である投手がまずは先発し、初回の上位打線を抑えて試合の流れを引き寄せる作戦だ。「先発にこだわりはありませんし、オープナーの先駆けの存在になれたら」。通算120勝右腕は本気だ。

 栗山英樹監督も、金子のオープナー起用の可能性を示唆している。昨年12月には「例えばだけど・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング